教授

轟 章 (Todoroki Akira)


現勤務先住所
   〒152-8552 目黒区大岡山2−12−1
    東京工業大学大学院理工学研究科機械物理工学専攻 教授

「受賞歴」


  1984年 日本機械学会畠山賞受賞
   1989年  日本機械学会奨励賞受賞  疲労き裂進展速度に及ぼす残留応力の影響
    2000年 日本材料学会第29回FRPシンポジウム奨励賞 「電気抵抗変化によるCFRP積層平板の層間はく離モニタリング」
    2000年  日本複合材料学会 林賞 「電気抵抗変化法を用いたCFRPの層間はく離検出」
    2004年 強化プラスチック協会 協会賞(論文賞)受賞
    2005年 日本材料学会第34回FRPシンポジウム論文賞「電気抵抗変化を用いたCFRPはく離の自己温度補償型ワイヤレスセンサ」
  2005年 強化プラスチック協会 協会賞(論文賞)受賞
    2006年 日本材料学会第35回FRPシンポジウム論文賞「クリギング法を用いた複合材料大型構造の寸法・積層構成最適設計」
    2006年 日本機械学会計算力学部門業績賞
    2007年 The Sixth Korea-Japan Joint Symposium on Composite Materials Best Paper Award
       Development of new probe for eddy current method on delamination detection in CFRP laminates
    2007年 強化プラスチック協会 協会賞(論文賞)受賞
       折り曲げ式ボート製作のための可動FRP
    2008年 平成19年度日本材料学会論文賞受賞
       関城正登,轟章:KrigingとMOGAを用いた複合材料大型構造の寸法・積層構成最適化,材料,56(5),2007,pp.432-437
    2008年  平成19年度日本複合材料学会論文賞
       安岡哲夫, 島村佳伸, 轟章:CNF/柔軟エポキシ複合材料のひずみに伴う電気抵抗変化
       日本複合材料学会誌,Vol.33, No.3, (2007)95-103. 
    2008年 日本機械学会機械材料・材料加工部門部門一般表彰(新技術開発部門)
       電気容量型柔軟センサを用いたタイヤの無線変形計測
       松崎亮介,轟章
  2011年 平成22年度日本複合材料学会論文賞(5月25日)
       模擬雷撃を加えたCFRP積層板の損傷挙動
       平野義鎭,勝俣慎吾,岩堀豊,轟章:日本複合材料学会誌,35巻4号(2009) 165-174
    2011年 The 8th Korea-Japan Joint Symposium on Composite Materials Best Paper Award
       Yoshiro Suzuki, Akira Todoroki, Yoshihiro Mizutani
       Full-filed detection of impact damage in CFRP aircraft by electric heating
     2012年 強化プラスチック協会 協会賞(論文賞)(9月13日)
       LCMにおけるボイド発生に繊維材異方性が及ぼす影響の評価 
       松崎亮介,瀬戸大吾,轟章,水谷義弘
   2013年 日本航空宇宙学会論文賞(4月19日)
       完全流体のポテンシャル流を用いたCFRPの電流解析手法
       轟章,日本航空宇宙学会論文集, Vol.59, No.688(2011)
  2013年  Best Paper Award at the 27th annual technical conference on composites,American Society for Composites
              Monitoring and Control of Resin Flow/Temperature using Multifunctional Interdigital Array Films During VARTM
             R.Matsuzaki, S.Kobayashi, A.Todoroki and Y.Mizutani
  2014年  日本複合材料学会論文賞(5月26日)
        異方性電位関数を用いた薄板 CFRP のはく離の電位変化簡易解析手法
        轟章,荒井政大, 日本複合材料学会誌,39(3)(2013年5月),pp. 106−112
    
  2015年  強化プラスチック協会 功労賞(10月16日)


所属学会

 日本機械学会 8421690  日本材料学会 6964  日本複合材料学会 032-716-2143  日本航空宇宙学会 07589  強化プラスチック協会 AIAA MRS 4727


最近の研究テーマ 応答曲面と遺伝的アルゴリズムによる複合材料の最適設計 スマート構造(知的構造):構造ヘルスモニタリング,成形モニタリング 複合材料の破壊メカニズム :   複合材料と金属の接合 機械工学への応答曲面法の応用 詳細は研究紹介ページを参照してください 研究内容


轟ホームへ戻る