インターネット講義 <応答曲面法の機械工学における適用>



 応答曲面法の解説です.全てPDFファイルです.読むにはAcrobatReaderVer.4以上が必要です. 応答曲面作成のフリーソフトおよびD最適基準選択フリーソフトがソフトダウンロードページから ダウンロードできます.ご利用ください.2001年1月に新しく応答曲面をMicrosoft Excelで作成する Excelマクロをアップしました.使いやすいユーザーインターフェースでたくさん機能がついて無料 です.どうぞ使ってください(ソフト番号9番です). ソフトダウンロード 平成11年12月機械学会講習会99-73 応答曲面法による非線形問題の最適設計入門 資料(轟:PDF119k)

Adobe Acrobat Readerのダウンロード (PDFファイルを読むのに必要です)

1. 応答曲面法(99/4/2掲載) 2.最小2乗法による回帰曲面(99/4/5掲載) 3.実験計画法(99/4/5掲載) 4.最適化手法と近似手法(99/4/6掲載) 5.設計問題への適用 5.1 最適梁の設計問題 5.2 疲労強度向上最適設計 5.3 複合材料最適設計 6.逆問題への適用 6.1 関数近似問題(99/5/28掲載) 6.2 複合材料の電気ポテンシャル法によるはく離検出問題 6.3 複合材料の固有振動数変化によるはく離検出問題

轟ホームへ戻る